「夏」を連想させる一曲

私がおすすめしたいピアノ曲は、久石譲さんの「Summer」です。

タイトルだけ聞くと、ピンとこない方も多いかもしれませんが、2000年から2002年にかけて、トヨタのカローラのCMに使われていたといえば、思い出す人も多いんじゃないでしょうか。

それでもピンとこない方でも、実際にこの曲を聴いてみたら、間違いなく何処かで一度は聴いたことがあるはずです。

 

この「Summer」ですが、実は元々は北野武監督の映画作品である「菊次郎の夏」に使われていた曲で、その作曲者である久石譲さんは、「ソナチネ」「HANA-BI」「キッズ・リターン」といったような、他の北野武監督作品だけでなく、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」といったような、スタジオジブリ作品でも音楽担当をされていることで非常に有名です。

 

私は、元々北野武監督の映画作品が大好きで、新作が発表される度に必ず劇場へ足を運んでいるのですが、中でも、この「Summer」が使われていた「菊次郎の夏」は大好きな作品の内の一つです。

 

物語は、幼い頃に父親を亡くし、祖母と二人で暮らしている少年が、ビートたけし演じるチンピラ男の菊次郎と共に、遠くに出稼ぎに出ていると聞かされている自分の母親を探して会いに行くというものなのですが、笑いあり涙ありのとても心温まる作品です。

 

「Summer」はそんな「菊次郎の夏」という映画に非常にマッチしている一曲であり、先程書いたカローラのCMで流れてきた時は、すぐに「菊次郎の夏」で描かれていたシーンが脳裏によぎるような状態、さらには、毎年「」がやってくると、この「Summer」を思い出すような状態にすらなりました。

ちなみに、そのカローラのCMにもビートたけしさんが出演されていましたよ。

 

夏の思い出を喚起させる名曲、久石譲・Summer

ピアノの名曲としてまず私が思い浮かべるのは、久石譲さんの「Summer」です。

非常に有名な曲ですから多くの方が知っているかと思います。

 

この曲は、夏真っ盛りというか、夏の終わりの季節が変わるギリギリの境目あたりを連想させてくれます。

北野武監督の「菊次郎の夏」のテーマソングとして作曲されたものです。

私自身はその映画を見たことがありませんが、このメロディーや曲の雰囲気というのは、映画を見ていなかったとしても聞く人それぞれに様々な情景を思い起こさせてくれるでしょう。

 

人によっては真夏の田舎の田園風景であったり、また別の人にとっては子供の頃に友人と並んでアイスキャンディーを食べながら遊び回った記憶が出てくるかもしれませんし、思春期の夏の恋のようなものが浮かぶ人もいるかもしれません。

 

誰しもが持つ様々な夏の記憶というものを思い出させるこの曲は、まさしく名曲であり癒し系音楽の最高峰と言っても過言ではないのではないでしょうか。

「夏」という季節に関連する全てのことが、この曲には詰まっているように思います。

 

この曲は、久石譲さん以外にも素人の方からプロの方まで、多くの方がカバーしています。

今回例に挙げた動画だけではなく、多くの動画の中から自分の気に入る「Summer」を見つけるというのも面白いかもしれません。

Summerのピアノ曲に感動と癒しが

わたしは久石譲さんの楽曲、Summerのピアノ曲が好きです。

 

この曲を聴くととても懐かしい気持ちになります。

懐かしく、少し切なくなります。そして穏やかな温かい気持ちになれる曲です。

 

まさに癒しです。

聴き終わると、こんなに素晴らしい曲を聴けて良かったと聴くたびに思っています。

心が揺さぶられる、そんな曲です。

 

YouTubeの演奏会のSummerの曲が特にお気に入りです。

この曲に心を、想いを込めて弾かれているのがすごく伝わります。とても素晴らしい演奏です!

いつか実際の演奏を聴いてみたい、と思いました。

 

小さいときに過ごした夏を思い出します。

小学生のときに家族と過ごした夏。広がる綺麗な真っ青な空。「落ちちゃだめだよ〜。」と田んぼ道ではしゃぐわたしに優しく声をかけてくれた母。

たくさん遊んでいつの間にかあっという間に時間が過ぎて、「バイバ〜イ!」と友達と手を振りあった夏の夕暮れ。

 

もう今は昔になってしまった懐かしい夏の思い出が、この曲を聴くと優しく少しの切なさをもって蘇るのです。

 

他の人はこの曲を聴くとどんな気持ちになるのかな?と気になり、YouTubeのコメントを見てみると、この曲を聴くと懐かしい夏を思い出す、切なくなる、感動した、などのコメントがあって他の人も同じ気持ちになるんだなぁと思いました。久石さんマジックでしょうか。

 

大きな感動を与えてくれる本当に素晴らしい曲だと思っています。

ぜひ、Summerの曲で癒されて頂きたいです。

癒されたいなら久石譲さんのSummerがオススメ

おすすめのピアノ曲は、久石譲さんの「Summer」です。

この曲は、何回聞いても涙が出てきてしまう程、感情を揺り動かす力があります。かなり有名な曲なので、多くの方が知っている曲だと思います。

 

Summerは、北野武監督の映画「菊次郎の夏」のテーマソングとして作曲されました。

テレビで映画の宣伝が流れた時に聞き、その瞬間にこの曲が好きになりました。ほんの数秒流れただけでこんなにも心を揺さぶられる力があることに驚きました。

たまに、数秒間聞いただけでも泣けてくることもあります。

 

この曲を聞いていると、何となく田園風景や自然に囲まれた世界が頭に浮かび、どこか懐かしい思いを呼び起こさせてくれます。

子供の頃に鬼ごっこをして駆け回っている姿や、思春期の甘酸っぱい初恋など、遠い記憶が蘇り、懐かしみ、気づけばほろりと涙が流れてしまいます。

 

そして聞き終わった後には、癒されてスッキリした気持ちになれます。

落ち込んでいた気持ちを和らげてくれるパワーもある曲です。

 

久石譲さんは、これまでジブリ映画のテーマソングも数多く作曲されてきました。

子供から大人まで、幅広い年齢層に支持られる曲を作り続けられていらっしゃいます。

 

その中でも、この「Summer」は、癒し系の曲の最高峰です。

聞けば、誰もが夏の懐かしい風景を思い出し、一瞬でタイムスリップして懐かしい気持ちになれます。

癒されたい、懐かしい気持ちになりたいといった時に最適なピアノ曲の1つです。

故郷の夏を思い出す!心洗われるピアノ曲!

ピアノ曲が好きな方におすすめしたいのは久石譲の「Summer」です。

久石譲はジブリ作品や北野武作品の映画音楽を手掛ける作曲家です。

 

特にジブリ作品は「風の谷のナウシカ」から現在に至るまでのほとんどの作品を作曲しているので、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

今回ご紹介する「Summer」は1999年公開の北野武監督映画「菊次郎の夏」のメインテーマとして作られました。

映画は、主人公の小学生・正男が遊び人の中年男・菊次郎と共に、母を探してひと夏の冒険に出かけるという物語です。

不器用な菊次郎が正男に心を開いていく姿や、美しい夏の情景、不思議な男たちとの出会いが、温かく描かれています。

 

「Summer」はこの映画の中で様々なアレンジで使われています。

どこか懐かしく、故郷を思い出させるようなこの楽曲は、今もなお色褪せない名曲として多くの人から愛されています。

 

2000年にはトヨタ・カローラのCMとしても使われて話題になりました。今も夏になるとテレビ番組で耳にすることもあります。

この曲は久石譲のアルバムになんと9回も収録されており、オリジナルだけでなくオーケストラのライブバージョンやピアノソロ演奏など、様々なアレンジで聴くことが出来ます。

 

今もなおコンサートで演奏されることもある、久石譲の代表曲と言っても過言ではないでしょう。

懐かしくて少し切ない、楽しかった夏の日を思い出せるこの曲。聴けば心が洗われること間違いありません。ぜひ皆さんも聴いてみてくださいね。

 

久石 譲 / Joe Hisaishi — Summer (HQ)