パルフェ~ショコラ second brew~」という恋愛ゲームの中で使われているピアノ曲です。

お互いに悲しい過去を持つ主人公と少女の、お互いを意識しているのになかなか一歩踏み出すことができない淡い恋心が切ないピアノの旋律で表現されています。

 

その心情を揶揄するような「つまんない恋」という曲名もまた、聴き手の想像力を膨らませる要因の一つです。

曲全体を通して一つの物語が奏でられているようなドラマチックな構成になっており、じっくりとその音に身を委ねながらもその切なさや強さに感動できる良曲です。

 

最初は二人の出会いやちょっとしたぎこちなさを感じさせるような、静かで優しい旋律から始まります。

しかしお互いにいろいろなことを知っていく中で、楽しさや喜び以外にも不安や焦りなどを感じることも多くなります。

 

明るいメロディの中にもどこかそういったマイナスイメージを感じさせるようになり、複雑に入り混じった感情が爆発するようにサビへと向かっていきます。

 

切なくも美しく、そして力強いサビのメロディはまさに二人の感情の表現であり、「つまんない」といいながらも断ち切ることのできない「大切な」恋心そのものです。

そしてこの大きな気持ちの変化もやがて一つとなり、明るい未来へとつながるようなシンプルで綺麗なメロディとともにサビが終わります。

 

特にこのサビへの入りの盛り上がり方やその後のメロディが非常に心に来る美しさで、そこから一気にこの曲の世界観に入り込んでしまいます。

そして最後は静かなイントロのテーマに戻り、最初に聴いた時とは違う安心感や暖かさを感じつつこの曲の物語は幕を閉じます。

つまんない恋 [Tsumannai koi] by piano