現代では動画サイトであらゆる楽曲が聴けるような環境です。

その中でもピアノ曲のバリエーションは本当に多彩です。

中には珍しい楽曲もあるので聴いてみるのがお勧めです。

 

私がお勧めするのは映画音楽のピアノ曲です。

この楽曲は『ニュー・シネマ・パラダイス』という有名な映画のテーマです。

映画も名作なので内容を知っているとより深く癒されることができます。

また、ピアノのメロディも印象的な部分が素晴らしいです。

 

『ニュー・シネマ・パラダイス』はその音楽もファンから高い人気を得ている作品です。

私はこの映画の叙情的な音楽に心惹かれることがあります。

映画の内容が素晴らしいと音楽も深く聴こえる場合が多いです。

動画サイトにあるピアノ曲でもそういった感動を体験することができます。

癒されるピアノ曲とは個人の思い出とも繋がっているものです。

 

音楽が好きなら映画のテーマ曲を知っておくことは大切です。

『ニュー・シネマ・パラダイス』のような映画音楽は素晴らしい魅力を持っています。

 

また、作曲している音楽家も実績があるのでクオリティにも安心できます。

それらをピアノ曲の動画として聴いた時、昔の思い出をより強く感じることができるのです。

 

この『愛のテーマ』は優しいメロディが心に残る名曲です。

ピアノで聴くとそういったイメージがより強くなります。

音楽ファンならこの曲を聴いて気分が良くなる感じがします。

何となく切ない気持ちになるピアノ曲

日本でもヒットした、1989年公開のアカデミー外国語映画賞を受賞した、イタリアの名画「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマ曲です。

 

映画の内容はシチリアの田舎町にある庶民にとっての唯一の娯楽施設である映画館「パラダイス座」を舞台に、主人公の少年トトと映画技師の老人アルフレードとの長年の友情を描いており、とても抒情的でノスタルジックな内容となっています。

映画の中で使われている音楽は、イタリアの作曲家エンリオ・モリコーネによるもので、映画のストーリーと映像によくマッチした美しいものが多く使われています。

 

エンリオ・モリコーネは、「ニュー・シネマ・パラダイス」の他にも、「天国の日々」や「アンタッチャブル」、「マレーナ」などの映画音楽でも知られています。

その彼が、この映画のテーマ曲として作曲したのが、「愛のテーマ」になります。

 

原曲は、ストリングス・オーケストラを主体にピアノや木管楽器が美しくかつ幻想的に響きます。

意図的に音の立ち上がり遅いパートを多用し、これらを少しずつずらして重ねていくことで繊細かつ絶妙なハーモニーとなっています。

 

もともとオーケストラによる音のハーモニーの美しい音楽をピアノだけで表現するのは難しいとは思いますが、原曲のハーモニーが尊重されたアレンジで、ピアノだけでも十分に映画のテーマ曲の雰囲気が出ています。

 

ピアノの音が優しく響くと同時に、映画の内容がオーバーラップすることで、何となく切ない気持ちになり泣きたい気持ちになる名曲です。

ピアノ演奏 ~ニュー・シネマ・パラダイス~ 『愛のテーマ』